読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迎春1DAYフリーきっぷで行く名鉄完全乗車への道 (その6) 海っ子バスで知多半島の先端へ

どうも、こんばんは、鉄道少年です!

 

さて、前回は犬山でなんとか乗り継ぎに成功し、

金山乗換で河和までやってきました。これで河和線が完乗です。

 

今回は、単純に戻るのはつまらない!ってなわけで大回りをして内海へ向かいます。

 

いい感じの雰囲気がある河和駅のバスのりば

海っ子バスは2番のりばから発車します。

f:id:tetudoshonen:20160114155434p:plain

運賃は町内160円 町外へ超える場合300円と単純な構成。

運賃表示器は2コマしか使わないので有り余った仕様です。

こんな海辺を走りながら・・・ と思いきや

突然山道に入ったり

なかなか面白い路線です。

終点の師崎港に近づくとしばらくは海岸近くを走ります。

景色綺麗ですよ~

およそ40分で師崎港に到着。

運賃300円を支払い、この後内海に行くバスに必要な乗り継ぎ券をゲット

 

 

師崎港からも島へ結ぶフェリーが就航しています。

乗ってきたバスのすぐ前に到着していた内海駅行きに乗車します。

 

 

f:id:tetudoshonen:20160114155608p:plain

 

この時間はいい感じに乗り継げましたが、

時間帯により待ち時間が生じることがあります。

水産物が味わえる店もありましたので、時間つぶしに観光もどうぞ。

 

 

 

海っ子バスには1日乗車券(500円)もありますが、

河和駅~師崎港~内海駅と移動する場合は、乗継券を利用した方が安いです(300円)

 

内海駅行きも途中までさっきのバスと経路が同じです。

 

丁度、日の入りの時刻を迎えたようでとっても綺麗でした。

予告編の画像はコレです(^^

こちらも40分程度で終点内海駅に到着。

乗継券を運賃箱に入れて下車。

 

  次回は、知多新線に乗車します。

 

 

 

※お詫び※

当記事「海っ子バスで知多半島の先端へ」が設定ミスにより

1月14日に何度か公開状態になっていました。

書きかけの記事を公開してしまい申し訳ありませんでした。

 

f:id:tetudoshonen:20160323135448p:plain