三重交通 1日乗車券発売なので(個人的に)オススメな路線をまとめてみた。

ども、こんばんは、鉄道少年です!

 

さて、昨日の記事の続きになります。

三重交通の最大の特徴は営業エリアの広さです。

三重県は5つの地域

★北勢

桑名四日市・亀山鈴鹿

★伊賀

名張・上野

★中勢

津・松阪

★南勢

伊勢・鳥羽・志摩

南紀

尾鷲・熊野

と、分けることができ、この全ての地域に路線があります。

前置きがムダに長くなりましたがぱっぱとオススメ路線をまとめていきましょう。

 

まずは、マニアに受けそうな

★免許維持路線

・[50]名古屋桑名線:名鉄バスセンター→桑名駅前 (1日片道1本)

・[61]名四長島温泉線:名鉄バスセンター→南桑名 (1日片道1本)

・[60]上野山添線上野市駅名阪国道天理駅前 (土休日1日1往復)

・[31]名張奥津線名張駅前~敷津~奥津駅前 ※敷津~奥津駅前間使用不可※

のへんが有名でしょうか。いずれも土休日運行されますので乗車ができますね。

訂正:50,61系統は平日のみの運行でした。申し訳ありません。 

 

名張奥津線は一部区間で使用ができませんが、別途支払えばいいと思われます。

全線復旧した名松線とあわせてどうぞ。

 

乗りバスばかりで観光しない方も多いでしょう(自分含め)

だったかバス車内・車窓から観光するのはいかがでしょう?

★観光特化路線

[53]桑名長島温泉線:桑名駅前~三交桑名~長島温泉

アンパンマンラッピングの”アンパンマンミュージアムバス”が走っています。

[03]白子サーキット線:白子駅西~鈴鹿サーキット

[51/55]外宮内宮線:内宮前→宇治山田駅→外宮前→内宮前

路面電車型の”神都バス” ピカチュウ”電気バス”が走っています。

[伊勢二見鳥羽周遊バス]CANバス宇治山田駅~内宮前~二見~鳥羽水族館

→CANバス専属車で運行されます。

[参宮バス]スカイラインルート五十鈴川駅金剛證寺~山上広苑

→参宮バス専属車で運行されます。

[87] 賢島・鵜方・スペイン線志摩スペイン村~鵜方駅前~賢島駅前

大半の路線は本数が多く乗りやすいと思います。

こういう観光特化路線を知ることで友人などから尋ねられても

スグ返答できますからね。

 

★高速バス・特急バス路線(抜粋)

この乗車券の凄い点は追加料金を支払えば高速バスにも乗車できるところでしょう。

この特例を使わないわけにはいきません!!

 

名古屋桑名高速線:筒尾6丁目~【東名阪】~名鉄バスセンター/栄

f:id:tetudoshonen:20160510130715p:plain

こちらは平日ダイヤですが、本数の多さに驚かされます。

土休日もそれなりの本数が確保されています(始発が遅いですが)

所要時間は約1時間で当乗車券に+200円支払うことで乗車ができます。

 

津伊勢空港連絡線:津なぎさまち~【一部伊勢道/国23号経由】~伊勢市駅,内宮前

今年4月に開設された系統です。中部空港から来る高速船と接続しています。

所要時間は約1時間20分で、こちらは当乗車券に+500円支払うことで乗車ができます。

 

名古屋上野高速線:上野車庫~上野市駅~【名阪国道・東名阪】~名鉄バスセンター

所要時間は約2時間で当乗車券に+500円支払うことで乗車できます。

 

・名古屋南紀高速線:三交新宮前~熊野市駅前~【紀勢/伊勢/東名阪】名鉄バスセンター

乗車可能な路線で一番距離が長いと思われます。所要時間は4時間!

系統が普通、急行、特急と複数あるのも特徴でルートが異なります。

当乗車券に+1000円支払うことで乗車できます。

 

南紀特急線:三交南紀熊野市駅前~尾鷲駅口~大紀町~松阪中央病院/三重大学病院

行き先によって経路が異なります。

松阪市の中央病院か津市の三重大学病院が終着地です。

三重大学病院行きは途中、紀勢道と伊勢道を経由します。

 

 

★その他のオススメ路線

名古屋市内で完結する路線

[50]名古屋桑名線名鉄バスセンター~かの里車庫

→終点かの里車庫から徒歩5分で市バスの豊治小学校停留所へ行くことができます。

[63]名四長島温泉線名鉄バスセンター~サンビーチ日光川

→終点サンビーチ日光川で市バスに乗り換えることができます。

南陽高速線:栄(オアシス21)~【名古屋高速】~イオンモール名古屋茶屋

→終点イオンモール名古屋茶屋は市バスの南陽交通広場停留所と同じ場所です。

 

 

◆乗車できない路線!

ご注意ください。乗車できない路線があります。

東京、大阪、京都方面の高速バス

名鉄バスと共同運行の名古屋長島温泉高速線

岐阜バスと共同運行の岐阜長島温泉高速線

市町村廃止代替バス路線市町村が運営するコミュニティバス

 

◆市町村廃止代替バス路線にはご注意を

三重交通関係市町村から補助を受けている路線が対象です。

桑名城南線、神前高角線、磯津高花平線、亀山みずほ台線、

亀山椋本線、三行線、津新町大里線、安濃線(安濃総合支所~立合間)、

多気線、友生線、予野線、島ヶ原線、月瀬線、諏訪線、
西山線、柘植線、名張奥津線(敷津~奥津駅前間)、宇気郷線、

阿坂小野線、中川線(度会町役場前以遠)、志島循環線、河合線

とかなり多くありますので十分ご確認を。

 

そんなわけで結構あげてしまいましたが

三重交通にはバラエティーに富んだ路線が数多くあります。

利用期間も長いので何枚か買ってもいいのではないでしょうか。

 

ちなみに日付を指定して購入する必要があるみたいなのでその点もご注意を。

 僕が購入した名鉄バスセンター出札所は名鉄バスへ販売業務委託されていて

日付を指定しないと販売できないとの一点張りでしたが、

Twitterで見るところ一部の販売所では日付を指定せずに販売し

後日、窓口で日付を乗車券に入れることもできたようです。

追記:場所や担当者によって対応はまちまちなようです。運でしょうかね・・

 

そんなわけで、どこか行って来たらミニレポにして投稿しますね。

 

では、

 

バス路線を紹介するのが案外楽しかったのでそのうちこんな内容のコンテツが

ウェブサイト「TRAIN TRAVEL」に追加されるかもしれません。(もうTRAINじゃないけど)

f:id:tetudoshonen:20160512132705j:plain

昨日間違って2本更新しちゃったから明日はお休み、

明後日は多分更新できると思いますが、確定ではないので”未定”としておきます。

ということで今日から明日にかけてウェブサイトが更新されるかもしませんね。

 

~参考文献~

伊勢志摩サミット2016記念フリーきっぷの発売について