【17-12:岡山・四国-4】倉敷の美観地区と水島臨海鉄道で三菱自工前へ行く

どうもです。

何故か最近ブログ記事を上手い具合に書けず

なんとも締りの悪い記事になってしまい申し訳ありません。

面白くなくても「面白いな~」と思い込みながら読んでいただけると幸いです。(バカ)

 

前回は岡山の路面電車岡山電気軌道」を完全乗車しました。

岡山駅に戻りJR山陽線で倉敷へ向かいます。

乗車するのはサッカーJ1サンフレッチェ広島のデザイン

サンフレッチェ応援ラッピングトレイン

広島はカープという超人気球団を持っているにも関わらず

ちゃんとサッカーも応援しているのは良いですね(どちらかというとサッカー好きからして)

 

名古屋も2011年までドラゴンズトレインとかありましたが

グランパストレインは無いんですよね…サッカー軽視を感じます。

 

車内はテストで早く帰る学生たちにより満席。

倉敷までは10分ちょいなので立っていきます。

倉敷に着きました。倉敷市岡山県の人口ランク2位の都市です。

 

(翌日朝に撮影)

倉敷駅に向かって左側に見える建物

屋上看板でも分かる通り「アパホテル」等が入る建物

この1階に郵便局があります。

倉敷駅前郵便局

f:id:tetudoshonen:20171225110710p:plain

 

この後は倉敷駅に隣接する倉敷市駅から発車する

水島臨海鉄道に乗車するのですが時間があるのでホテルへ向かいます。

今回、駅前のホテルでは無くて

駅から15分程度の美観地区に位置するホテルを予約したので歩きます。

美観地区までは商店街を歩くルートと大通を歩くルートの2つがあるようで

どちらでも距離は変わらないぽいんで、とりあえず商店街を歩きます。

人気の無い商店街で道があっているのか不安になりますが

流石は観光地だけあって、所々に案内看板があって安心します。

歩いて8分くらいで美観地区。美観地区にある倉敷本町郵便局へ。

f:id:tetudoshonen:20171225111547p:plain

宝印で緑色インクでした。

周りは雰囲気ある建物なのに郵便局だけ「ザ・郵便局」で少し残念。

古い局舎みたいなので、そのうち建て替えもありそうですが

その際には景観にあった建物だと嬉しいですね。

 

時間があるといっても1時間ちょっとしか無くて徒歩15分往復だと結構ギリギリ。

美観地区は通り過ぎるだけで一度ホテルへチェックイン。

14時からチェックインできるホテルで有難い。

 

さて、今回のホテルは少し変わったホテルです。

恐らくビジネスホテルでは無いと思うんですが、価格は同じくらいなので

下記のブログにてホテルの詳細を書いています。ぜひご覧ください。

そんなわけで宿泊記用の部屋写真をパッと撮影して

荷物を整理し小さいカバンに詰め替えて15分くらいで再出発。

宿泊記ブログを初めてからホテルに付いてもスグ落ち着けないという問題に陥っています。

 

駅まで徒歩15分とは書いていますが

景色も良いですし、平坦なので10分かからないくらいの気分。

JR倉敷駅に離接する水島臨海鉄道倉敷市駅

なんか倉敷ならレンガ調の建物にすれば雰囲気でるよね。

ってくらいレンガ調の建物が多い。

http://www.mizurin.co.jp/img/passenger/routemap.png

水島臨海鉄道倉敷市駅から水島へ向かう路線で

本業は人を運ぶ旅客業では無くて貨物業。

Wikipediaによると旅客収入2.6億円に対して貨物収入4.2億円という比。

 

大半の列車は水島駅止まりで一部の列車のみ終点の三菱自工前まで向かいます。

水島臨海鉄道はフリーきっぷが通年販売されていないので普通乗車券を購入。

三菱自工前までは340円。

 

車内放送にもあった「球場前駅」

うん、素晴らしいくらい分かりやすい。球場の真ん前です。

 

そして、この水島臨海鉄道で個人的に一番の見所は福井駅

何言っているんだと思われるかもしれませんが、先ほどの路線図を見て頂くと

http://www.mizurin.co.jp/img/passenger/routemap.png

中央上に福井駅が確かに存在しています。

福井県福井市に幼少期ですが住んでいた自分からすると親近感というか違和感というか

なんなら、乗換案内の時に福井と入力すると

f:id:tetudoshonen:20171225113542p:plain

こんな感じで「福井(福井県)」と出てきて福井は福井県のもんだろと思ったり。

駅名標を撮りたかったんですが反対側で取れず。ザンネン。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/cc/MR_fukui_sta.jpg/1024px-MR_fukui_sta.jpg

Wikipediaより)

高架化されている区間も多くてローカル線とは思えない風景。

 

倉敷市から約20分で大半の列車の終点「水島駅」に到着。

自分以外、全員が降りて車内は貸切に・・・

 

水島を出ると臨海鉄道の名通り、港が見えてきました。

水島からは約4分で終点の三菱自工前に到着。

乗車券を貰いそびれたので写真で。

次回に続きます。

 

次回、ツーマン運転の国鉄型車両で倉敷市駅に戻ります。