【17-06:山陰,広島-2】妖怪の集う境港線に乗る

ドリーム号で名古屋駅から米子駅までやってきました。

現在時刻は5時40分

この後、乗車する境線の発車時刻は6時23分

約40分。夜行バスは、この間の時間が使いにくいんですよね・・・

しっかり朝食を取ると後々ラクになるので食べたいところですが

取れそうな場所が見つからなかったので

おとなしく駅に入るセブンイレブンのおにぎりで我慢です。

 

ブログにはしていませんが、この前に行った静岡旅行から

記念に入場券を買い始めました。米子駅でも購入します。

f:id:tetudoshonen:20170816155744j:plain

そして、今回から始めたのは「地方紙集め」

地方新聞には全国ニュース・地方ニュース・天気予報・交通情報と

様々な情報が載っている上に100円台で買えるお手頃さ。いい記念になります。

今後、各地で購入していきます。帰りは重たくて仕方がないけど・・・

 

米子駅で購入したのは 山陰中央日報

f:id:tetudoshonen:20170816160518p:plain

なんか新聞を買ってると賢そうに見えますが

文字は殆ど読まないんでタダの馬鹿です( ;∀;)

 

車内で時間つぶしに読んでも良さそうですが

狭いと読みにくいよね、、、

米子駅国鉄時代の雰囲気が残る3面6線の大きな駅です。

境線は1番線の先にある0番線から発車します。

看板にも居ますが、境線の向かう境港市

ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげるの故郷。

 

この0番線も”零””霊”をかけています。

それにちなんで境線の各駅には妖怪の愛称が付けられていて

ここ米子駅ねずみ男になっています。

ファンには申し訳ないんですが、

個人的にあまりゲゲゲの鬼太郎を知らないので基本的にスルーしてます…

ゲゲゲの鬼太郎に登場するキャラクターが車内外にペイントされた

鬼太郎列車も走っているんですが、やって来たのは首都圏色。

▲境港 米子駅発車後の車内放送

 

てっきりワンマン化されてるものだと思ったらツーマンでした。

一部列車のみツーマン運転のようです。ラッキーなのかな。

 

そんなもんで、ワンマン区間ではお馴染(?)のキセル乗車未遂が

検札によって多々、発見されていました。

 

境線自体は全列車ディーゼルカーによる運転ですが、

途中の後藤駅までは電化されています。

これは後藤駅に隣接する後藤総合車両所に出入りする

山陰本線などの電車用に整備されているものだそうです。

 

米子駅から後藤駅までの区間米子市の中心部。

家と家に挟まれた線路を走っていきます。この雰囲気が結構好きだったりします。

まぁ、写真が無いんですけど

 

米子空港駅です。駅名に空港と着く駅では最も小規模な駅ではないでしょうか。

1面1線の無人駅になっています。空港とは後ろに見える歩道橋でつながっています。

 

この米子空港駅の手前では米子空港滑走路を大きく迂回するように走ります。

これは米子空港滑走路拡張工事に伴うもので並行する道路と共に迂回しています。

地図を見ると一目瞭然。

ちなみに米子空港の愛称は米子鬼太郎空港

どこまでも鬼太郎かぶせてきますね。

 

 

米子駅から40分程で終点の境港駅に到着。

港と言うくらいだから海が見えるんだろうと思ってたら

駅から見えるのは圧倒的に山々。

立地がこんな感じになっていて

海を越えて、奥に見える島根県の山々の方が大きく見えるようです。

 

境港からは隠岐諸島へ向かうフェリーの他

韓国、ロシアへの国際フェリーも週に1便出ているようです。

境港の駅前には水木しげるロードが整備されていて一大観光地になっています。

個人的には水木ロード郵便局を訪れたかったのですが

旅程の都合上、この日は日曜日郵便局はお休み。残念。

 

f:id:tetudoshonen:20170816155745j:plain

この日は、夜行バスで寝れなくてぼーっとしてたのか、

記念用で実際に使うわけではないので小児運賃で買えばいいのに

大人用をずっと購入しています。馬鹿だ。この日、最後の駅で気が付きます。

一種の募金です。

境港駅のホーム上にあった地図。地域分けが独特だなと。

中部と東海をそう分けるのは初めて見ました( ・´ー・`)

愛知県のど真ん中で分かれていますね。

知多半島は中部渥美半島は東海のようです。妖怪のせいか(';')

んなわけで、米子駅まで来た道を戻ります。

部活へ行くのであろう学生らで混雑するなか、ずっと寝てました。。。

ホント夜行バス嫌い。

 

米子駅から先は2時間程度、別件で移動してました。

その道中にみかけたコチラ。郵便局なんですが、

完全に元ガソリンスタンド!

 

前述の通り、日曜日だったので訪問できず残念でしかありません。

 

 

次回は、島根県へと向かいます。

【17-06:山陰,広島-1】米子・松江・出雲ドリーム名古屋1号乗車する

どうもです。

旅立ちは名古屋駅新幹線口からです。今回で4回目の夜行バス乗車・・・

 

その都度、コツを掴めているような、掴めないようなで

出来るなら乗りたくは無いんですが、

行程上、乗ると後がラクなので渋々の乗車です。

 

今回、乗車するのは中国ジェイアールバス

「米子・松江・出雲ドリーム名古屋1号」です

 もう少しネーミングなんとかならんのかぁ?とも思いますが

https://lh3.googleusercontent.com/ri8giy8FwKQZ5jQCa7eNpfcQQXMxxEiSkvJR5GpGyeXrHF7fzM8EB7W_UbU0wnxQDnVkvNH_dHkcJgLKxr0cuNcfd8xUVbK_vOOCu8Zy8HuzynLlkLpu9PiWIfGCkboIF-fz2AlsZXAeNkzmVzwYZuJY61nysxqpKb_PiAthGL8q-g7HHEOPeGqX2bHD4gSUj27zGQxmFh_vEhW-drbSCuXB5rLBCOsUtdwZF7ejtfRfeyoAvC8u7xy-DiY-phnYTnHw5U_dyP1WHVvOBLVTZVcX0SIC4_YvsqK6zP7SdKEphbNBjGgbF0eIm-hmW_At9OqFXUVMJ6kdGxbc73ifxekSNw-w2C-V2viCg-c0Xe34lPSEpdZ7ugUNb4f57znzhXDm3sqlFUNSU9R9pDeQMhbGxTvtZ7A2bzqOuQRI2npVpGEnGCHmaiinQ8npDP41pmpncJ8ZcbM_c7Ya_Iex1sLVhba8y2PYYlblXEzdw76SAlwIcpD55RyI-SJO1kz5gSarZtKtxxvAxIqkATyPkrSem3oDIHxVEQnEde2mrQEkjsJYdYdW-_dn0sMRdQgRviMCOGLzKoEtuxgo-GuHJmv8wczlCXxGAUleGvBCnn8exm3eYoZO=w1218-h913-no

分かりやすいといえばそうですかねぇ(';')

JR東海バスの人は正式名称で長ったらしく案内していましたが、

当の中国ジェイアールバスの運転士は”ドリーム名古屋号”と略して案内。

https://lh3.googleusercontent.com/DWyG1z6YoVILV5ZuiQ32KuJy62LLusjlBdGFDH-o4inTGRO7d5ChqmH6d9_1xIURxiYRZ25o2XcnnWM4NH_W6f7u9J5W5Z81mZ0mfXr3HWiK8uzszJFjPt5L3GZ9hI9MdYLxJxTHpGR2j5r5WqOwYA0BORp2PVSiwqDT3ZSUMaj-lNtWqRgHSbqNIHzy8BZZxh-CpqZMch6xpCjlb0sZ719stmZ0lPYys1xtQa0Ysf1AaQhTPHfnGNAZv8NwwL4a0okua27UD8tdJw8YUCy1RT-UDcoVfMJxABF9levLgi7rug36bOU8ni7tW9hXHMfkW0pXda0B_9qcShe9xQcz1iYJoHVLUxZeL92e0NApzlKDmkVJDr6lWWbs242tGSQpXx1FBa1wL-E0HMzkgwX5bzuIyCQBicXahGYuNqj5KTxaQFzPOkLXz973MfoZldN-Dhk_hUqZleeyEwZ7FODqUS1qtGdkbr4Y2NcEgYv4BO-L4_6ikEGwgGksev6OX4OTa5IPR83qGPmGgmGIIINvcLD8ju2k7BlTCLN9Wp1Eu4kh01a0-w1b7KOfXvTfLDD3YmQiqkpI-0st63yS1oYv5J_aweYHTx3KqdtzNVrJp806apcjRVztffVF=w1218-h913-no

車内の写真は先客がいましたのでありませんが、3列シートとなっています。

前の1列は女性専用席となっています。

残念なのはコンセントが設置されていない点

見た目、新しそうなんですが。

設置されていて悪い事は無いので欲しいところですけどね

 

今回の運賃は8160円(高速バスネット会員割適用)と

歴代トップの金額になったのですが、

金額によって客層が変わるのは確かですね。

 

前回の青春大阪ドリーム名古屋号は

USJ行と言うことも拍車をかけてましたからね。

快適さをお金で買うことは出来ると思います(';')

 

備え付けのご案内には「長時間の着席について(ご注意)」との項目が。

細かい点まで気配りなんでしょうかね。

 

バスはほぼ満席といった感じで名古屋駅を発車します。

 

頭が切れていますが名古屋駅発車後の車内放送です。(音が小さいです)

肉声による細かい案内もありました。

経由する高速道路を案内してくれるのは

何に役立つかは微妙ですがなんかうれしいです。

 

名古屋側の最後の乗車扱い岩塚駅前」からの乗車は無く。

帰宅を急ぐ市バス利用者に若干の冷たい目線を送られ発車していきます(';')

 

放送にもある通り、休憩箇所は東名阪の大山田PAのみとなっています。

名古屋駅から1時間もしないうちに休憩となり、

それ以降は降車地までバスから降りることが出来ません。

バスから降りてリフレッシュ的なことができないのは割とツライとこでした・・・

また、車内消灯も大山田PA発車後となっています。

 

大山田SAには22時頃に到着。ここで10分の開放休憩となります。

カメラを出すのが面倒なのでスマホで撮ってますが

暗いとこでは進化したスマホのカメラもダメダメですね・・・

 

行き先表示の横にステッカーがある通り、docomo Wi-Fiが車内で使用できます。

自分はauなんで関係ありませんけど

 

さぁ 休憩が無いので、ここを出ると次は米子駅までノンストップです。

と思いきや、放送にもあった通り

米子道蒜山高原SA(ひるぜんこうげん)で車両点検・乗務員休憩のため

2時間停車します!

 

蒜山高原SAが何処にあるかと言いますと米子駅から約40分の地点!

こんだけ停車時間があるので

2時間くらいの遅れなら回復できるということになると思います。

 

自分はバスが動いていて、揺れていないと寝れない人なんで

この2時間の停車は殆ど起きていました。ツライよ・・・

 

ちなみにこの米子・松江・出雲ドリーム名古屋号の歴史を見てみると

  • かつて運行されていた寝台特急出雲」において285系電車化に伴い、下りは名古屋から山陰方面への直通利用が出来なくなった為にそれらの救済処置として設定された。

Wikipedia 中国ジェイアールバスより)

サンライズ出雲名古屋駅に停車しなくなった代替措置として開業したらしいです。

 

 

そんなわけで、定刻よりも10分程早い5時40分頃に米子駅

この後は、境線に乗車します。

名古屋市営バスは4月1日にダイヤ改正を実施!

ども、こんばんは、鉄道少年です。

さてタイトル通り例年通り今年も市バスのダイヤ改正が4月1日に実施されます。

名鉄バスや北鉄バス、JR東海バスがリリースを出している中で交通局はというと

毎年かなりギリギリになってから発表されるのですが、気になって去年のブログ記事を見てみると、

 

さてさて、新千歳で搭乗を待っている間スマホを眺めていると

あ、ダイヤ改正出てる・・・・

そんなわけで、ダイヤ改正の詳細を見ていきましょう!!

 

と北海道から帰って来る道中に発表が出たとか懐かしき思い出。

あれから1年かぁ…

 

んなわけで2017年の市バスダイヤ改正を見ていきましょう。

久しぶりにはてなブログを使っていると

目次という機能が追加されていたので試しに使ってみます。

 

 f:id:tetudoshonen:20170322153812j:image

 

運行経路の変更、支線の新設

C-758系統

【系統名の変更・大須延伸】

 →だいぶ前から検討されていた都心ループバスの大須延伸が

名古屋駅バスターミナル開設と同時に実現しました。

あわせて系統名が現行の栄758からC-758に変更となります。

なお、「C」の意味は”City Center Loop Bus”だそうで

http://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/BUS/TRP0001996/TRF0012013.png

 

また、ロゴも制定されましたが、まぁ~ダサい(個人的な意見)

Officeソフトで職員が3分で作りました!って感じ

 

このほか、

・C-758の停車停留所にナンバリングを設定

・液晶式の案内表示器を車内に2箇所設置

・車内で無料Wi-Fiの提供

となかなか気合いを入れているようです。

 

それと忘れがちなのが現在の那古野町始発から名古屋駅始発と元に戻ります。

那古野町始発も便利だったんですがねぇ・・・

 f:id:tetudoshonen:20170322153931j:image

有松12

【支線新設】

追加予算案にも計上されていた通り緑区内の観光に配慮した路線(支線)が新設されます。

まぁ~、思っていたのと違い過ぎてアレですけど。

想像していたのはメーグルの延長線上だと思っていたんですが

実際には要町から有松町口無池を結ぶ有松12の大高駅発着の支線のみと。

観光に配慮した路線ということで土休日の昼間にのみ運行されます。

 

出入庫系統「大森車庫→大曽根新守山駅」

【新設】

無駄に系統数の多い大森車庫発着の出入庫系統。

数えてみると

森.大:大曽根ゆき

森.緑:緑ヶ丘住宅ゆき

森.新:新守山駅ゆき

森.郷:本郷ゆき

森.藤:藤が丘ゆき

その数5系統!

 

このうち朝6時台に1便、大曽根ゆきの片方向にのみ運行されている

森.大の大曽根ゆきが廃止され、森.新に大曽根経由の新守山駅ゆきの支線が新設されます。

こちらも相変わらず朝6時台に1便、片方向運行となります。

んで市バス全系統を制覇しようと考えると深夜バスに並んで面倒な系統になりますね。

 

運行区間の延長・増便

基幹2・池下11

森.大 以外は事前に情報が出ていたので想定の範囲でしたが、こちらは想定外。

基幹2のうち、名古屋駅と光が丘を結ぶ系統の全便が一つ隣の猪高車庫まで延長されます。

池下11の猪高車庫ゆきも全便が猪高車庫まで延長するため

光が丘ゆきが完全廃止となります。

 

ひと停留所と言ってもその区間は急な坂で延伸価値は相当ありそうです。

 

ただ光が丘停留所付近の利用者は始発なのでどの時間帯でも座って名駅まで行けたところ、

座れる保証が無くなるといったデメリットもありそうです。

 

平針11

地下鉄平針平針住宅の区間便のうち平日の7便が地下鉄徳重まで延長されます。

時刻表を見たところ地下鉄徳重まで行く便が現行は1時間に1本のところ

1時間に2本、およそ30分間隔で設定され利便性が向上しますね。

今回の改正では平日だけですが、需要があれば土休日も変更になりそうな感じ。

 

栄20

去年かその前くらいに大増便した栄20ですが、今回は夜間帯が増便。

なんでしょうかね。沿線の住民が増えているんでしょうか。

この増便により最終バスが1時間近く繰り下げられます。

(沿線に役所のお偉いさんでもいそうな待遇…)

植田11

個人的に植田から鳴子北へ行くときに植田11に乗りたいな~と思うと

毎回毎回、時間的に鳴子11になるんですが、

そんな植田11が17時から20時の間で平日2本、土休日は3本増便されます。

沿線ではありませんが地元民として日中の時間帯に増便されることも今後の改正で期待したいところです。

 

ゆとりーとライン

中志段味ゆきのうち平日・土休日で6~4本が高蔵寺まで延長されます。

期間限定で高架区間の1日乗車券を発売したゆとりーとラインですが、

交通局と共通の1日乗車券を通年販売するとかしないとか・・・

 f:id:tetudoshonen:20170322153641j:image

ノンステップバスでの運行

多くの系統ではこれまでも全便ノンステップバスで運行されていましたが、

一部系統(17系統+出入庫1系統)はこれまで一般のステップ車での運行がありました。

置き換え完了に伴いワンステップバスによる運行のゆとりーとラインを除き

全路線全便でノンステップバスによる運行になります。

 

停留所の新設・増設・名称変更

新設はC-758関係が中心で4か所、増設が3か所となります。

名称変更は鉄道駅と連絡する停留所のうち

栄生町→名鉄栄生

枇杷島通三丁目→名鉄東枇杷島

烏森駅→近鉄烏森

と変更になります。乗り換えが出来ることが分かりやすくなりますね。

 

以上、2017年4月1日に実施される市バスダイヤ改正について簡単にまとめました。

 

そういえば社会実験が3月末で終了する県営名古屋空港延伸の本格運行開始はどうなんでしょうか。

先週乗ってきましたが思ったより乗っていて驚いたんですが。

 f:id:tetudoshonen:20170322153611j:image

では、