【17-07:新潟,能登-8】えちごトキめき鉄道とあいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道で金沢へ

8タイトルがやたらと長い・・・

新幹線開業前だったら北陸本線で終わってたところなんですけどね。

 

前回は、信越本線直江津まで来ました。

えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン で富山県に向かいます。

この先は北陸本線区間になります。

f:id:tetudoshonen:20150417204005j:plain

このET122形気動車JR西日本キハ122形をベースに、というかほぼ同じ作り。

 

日本海ひすいライン全線で電化されているものの

糸魚川駅の先にデッドセクションと呼ばれる交流と直流の境が存在して、

電車がこの区間を通過するためには、両方の電化方式に対応した車両を導入する必要がありますが、

非常に高価であることから、第三セクター移行後は気動車が導入されました。

ただし、貨物列車や あいの風とやま鉄道から

直通する一部列車は引き続き電車によって運転されています。

f:id:tetudoshonen:20150417204007j:plain

北陸本線時代)

 

北陸本線時代は最低でも3両編成で運転されていましたが、

現在は1両編成ワンマン列車が中心になっています。

 

ただ乗車した列車では、座席は満席でトイレ前まで立ち客がいる状態でしたので

2両にした方が良い状況でした。が、資金面からスグの対応は難しいですよね。。。

 

本来の旅程では糸魚川で下車する予定でしたが、降りずに泊まで行くことに。

糸魚川大火の現場を見に行ってもいいかなと思っていたんですけどね。

糸魚川市大規模火災 - Wikipedia

泊では同じホームで、あいの風とやま鉄道に乗り換えれます。

 

あいの風とやま鉄道で高岡へ向かいます。

あいの風とやま鉄道のイントネーションは

あいのかぜ→と真っすぐじゃなくて あいの↑かぜ↓なんですね。

 

高岡まで行きたいんですが

ここで問題が 自分の手に持っている乗車券は

f:id:tetudoshonen:20170821201504j:plain

この「えちごツーデーパス」だけ。

この切符の有効区間泊駅の1駅手前の市振駅まで。

 

この先、あいの風とやま鉄道に乗るためには精算が必要です。

直江津駅で時間があったんだから、

市振から高岡までの乗車券を買えばいいんじゃないの?となるんですが

 

三セク移行後は乗車券の販売区間が細かく決められていて

えちごトキめき鉄道線内である直江津駅で購入できる区間はというと

富山駅まで

その先の高岡駅までは購入することが出来ません。

コレは車内で精算した場合も同じです。

 

あいの風とやま鉄道もワンマンだったので

車内精算はできず、高岡駅まで来てしまいました

精算窓口はないので改札へ。

f:id:tetudoshonen:20150417204045j:plain

(JR時代の高岡駅)

 

大量に降車客が通ってるなかで多額の精算は迷惑なので端で暫く待って

人の流れが減ったところで向かいます。

 

切符を見せると「?」って感じで見られました。まぁ当然です。

市振からと自己申告して1460円支払います。

 

そういえばツーデーパスを見せて返して貰ってなかったので、言うと金庫に入れたようで

事務所にカギを取りに行ってもらって、返してもらいました。

 

エリア外ですし、もう使わないので間違ってはないんですが。

一応まだ有効期間が残っていますし、一言いっていただきたいところです。

 

自分もバイトで、残高が0円のカードを処理するときに処分していいか尋ねますから。

1度も欲しいと言われたことはありませんが。

 

まぁ、そんないざこざはいいとして高岡でわざわざ降りたのは乗車券を購入するため

f:id:tetudoshonen:20170821201505j:plain

購入したのは「北陸トライアルルートきっぷ」

 

あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道(高岡~金沢)や

七尾線のと鉄道全線と加越能バス「わくライナー」に乗車できる切符で

2日間有効です。

 

この日は金沢へ行くだけですが、明日は能登へ向かいますので購入。

 

高岡駅の切符売り場は、

あいの風とやま鉄道の端末JRのマルス端末の2台が設置されていて

購入する乗車券に応じて係員が窓口を移動する面倒な状態になっていました。

時間がありましたので、あいの風とやま鉄道オリジナルグッズのスマホケースも購入

こちらは窓口ではなく、改札口横の駅弁屋にて取り扱っていました。

 

この駅弁屋は北陸新幹線開業前から営業していますが、

今となっては特急列車は来ませんし、駅弁需要あるんでしょうか

ホームの電光表示板はJR時代から更新されていました。

高岡からは座れず、運転台後ろで40分。金沢に到着。

しょっちゅう来てる気だったんですが、前回来たのは10月と割と間が開きました。

 

ホテルへ向かいチェックイン。少し変わったホテルに泊まりました。

詳しくは「ビジネスホテルの宿泊記」をどうぞ。

【記事準備中:日曜日に更新予定】

f:id:tetudoshonen:20170820192211p:plain

 

ここまで来るとNHKニュースは名古屋から放送してるんで

遠くにいる感覚がありません。

 

では2日目のGPSログを確認しましょう。

f:id:tetudoshonen:20170912201631p:plain

この日の移動距離は330kmでした

 

明日の最終日は能登へ向かいます。

【17-07:新潟,能登-7】直江津で”リゾート雪月花”を見る

2日目です。予定では、2日目にBRT乗車でしたが1日目に変更したので

ゆっくり朝を過ごし新潟駅へ。

 

ちなみに2日目は移動中心になりますんで、大して見所がありません。本当に。

新潟駅に到着したBRT萬代橋ライン。新潟はバスの街ですね。

新潟駅万代口バスターミナルは、バックで駐車する昔ながらのスタイルです。

警備員の笛に誘導されバックします。

周辺の都市開発が進んでいますが此方はどうなるんでしょうかね。

直江津からやって来た「おはよう信越」が到着

本当は乗車したかったのですが、時間が合わず断念。

乗車する長岡行が入線。またE129系ですか・・・シンドイ

 

昨日は上越線で柏崎へ行きましたので、今日は信越本線に乗車します。

車内は結構な混雑ぶり。新潟から1時間20分で長岡に到着。

 

ここで次の列車まで40分待ち…

直江津までは115系 普通にうれしい

柏崎から直江津区間は昨日も乗車しましたが

E129系だったので115系で乗車できるのは嬉しい。

 

日本海を眺めながら直江津へ向かいます。

日本一海に近いところにある駅と呼ばれる青海川駅

日本一といっても何か所もあるんですけどね。

 

というわけで直江津に到着です。

 

ん。隣に赤い車両が・・・

これは・・・

えちごトキめきリゾート雪月花(せつげっか)

 

一切、調べていなかったのでビックリです。

 

リゾート雪月花はえちごトキめき鉄道の観光列車

土日祝日を中心にえちごトキめき鉄道線内を走行しています。

車内では食事が楽しめるようです。

運賃は14800円

メチャ高いわけではありませんね。庶民でも奮発すれば乗れるレベル。

えちごトキめき鉄道1日乗車券に食事代などが含まれています。

 

ヘッドライトが丸っこくて可愛らしいですね。

ホーム上には、こんなパネルが。発車時間が近づくと裏向きに変えて・・・

こういうの良いですよね。

全力でお見送りするえちごトキめき鉄道の社員さん。

 

雪月花は自分より先に糸魚川へ向かっていきました・・・

 

ここでは1時間近くの待ち時間が発生します。大人しく駅で待つことに。

 

次回、富山県に入ります。

 

【17-07:新潟,能登-6】新潟BRT”萬代橋ライン”に乗る

前回は、北越急行ほくほく線の超快速に乗りました。

越後湯沢から長岡を経由して、東三条から弥彦線で吉田。

吉田から今朝乗車した越後線で青山まで戻ってきました。

 

青山駅から徒歩10分ほど歩くとイオン新潟青山店があります。

このイオン新潟青山店のそばには、新潟市が力を入れている

新潟BRT萬代橋ライン”の青山バス停があります。

 

f:id:tetudoshonen:20170821201511j:plain

BRTとはバス・ラピッド・トランジット

bus rapid transit)の略でWikipediaでは次のように書かれています。

交通の優先権を有し、短い運転時隔で多数の車両が運用され、伝統的な路面電車及びバスより長い停車間隔で運用される大容量の都市公共輸送システムである。BRTは、混合交通、平面道路でのバス専用車線、他の交通から分離したバス専用道路を含む多種多様な優先権でバスが運用される。

日本では気仙沼線BRTなどがその例です。

地元の名古屋だとガイドウェイバスゆとりーとライン基幹バスがBRTです。

発車案内板が設置されていてバスターミナルのようですが

狭い歩道上に設けられていて、自転車などが通行する際などは少し怖い。

 

1本見送って新潟市ご自慢の連接バスに乗車しました。

 

自分が少し誤解していたんですが、

この萬代橋ラインはBRTと謳っているものの

専用レーンは一切設置されていません

 

f:id:tetudoshonen:20170821201512j:plain

じゃ、どの辺がBRTなの?って感じなんですが

平日の朝夕は3分間隔、昼間と土休日の終日は10分間隔と本数の多さ

それまでの系統・ダイヤ・運賃を再編し、連接バスを導入した

こんなところでしょうか。

 

計画時点では、専用道を設ける予定でしたが、

信号や冬季の除雪などの問題を巡って調整が難航したようで見送られたようです。

万代シテイで下車。課題が多そうでした。

連接バスはカッコいいんですけど、揺れがダイレクトに伝わってくる…

歩いて万代シテイバスセンターへ。雰囲気の凄く良いバスターミナルでした。

さらにホテルまで歩いて(写真は次の日朝に撮影)

新潟駅に荷物を預けてたことに気が付き、駅に行って戻ってしてたら

時刻は20時すぎ・・・ 1日目から動きすぎました( ・´ー・`)

本日の夕食は新潟のソウルフードみかづきのイタリアン

ソース味の太麺焼きそばの上にトマトソースが乗ったB級グルメ

地元で言うところのスガキヤみたいなものでしょうか。

なかなか美味しかったです(^^)/

 

ということで1日目が終了。GPSで振り返りましょう。

f:id:tetudoshonen:20170822193842p:plain

非効率的な動き方・・・

この日の移動距離は921kmでした(夜行バス含む)

 

明日は移動日です。目立ったメインイベントがありません。ただ移動します。