【17-10:北海道-4】特急券ナシで"特急スーパーとかち"に乗る!

どうもです。

夕張まで行ったのち、折り返して新夕張まで戻ってきました。

千歳から計2時間以上も乗車した車両ともお別れ。

新夕張からは更に新得方面へ乗り換えますが、

乗り換えに30分近くありますので駅の外へ。

この日は帯広まで行きますが、到着が20時になるので夕食を食べておきたいところ。

上手いことに近くにセブンイレブンがあったので向かいます。

夕食をコンビニ弁当で済ますのはアレなんですが、仕方ないで済まします。

 

時間に余裕があるんですが、心配性なので自然と速足に(';')

前回の通り、千歳から新夕張までの区間も本数が少ないのですが

この先はさらに凄くて普通列車が一切走っていません

 

札幌と帯広・釧路方面を繋ぐバイパス線として開業した新夕張から新得までの区間

沿線に人の住んでいる区間が少なく需要が無い為、普通列車が設定されていません。

そのため、この区間では自由席に限って、特急券が無くても乗車できることになっています。

 

例として18きっぷの長ったらしい注意書きにも

 石勝線「新得新夕張」間は、特例として当該区間内相互発着の場合に限り青春18きっぷ」のみで特急・急行列車の普通車自由席に乗車できます。ただし、特例区間外にまたがって乗車する場合は、特急・急行列車乗車全区間の乗車券及び特急券または急行券が必要になります。

 と書かれています。

その特例を活用して新得まで「特急スーパーとかち5号」に乗車します。

 

ホームまでの連絡通路にはエレベーターがありましたが、パネルがあって乗れない状態。

階数表示は点灯しているので、動いてはいるようなんですが…

 

貨物用、業務用エレベーターなのかもしれませんが、

手元にある北海道時刻表のエレベーター設置駅に新夕張も掲載されているので

コレのことを指していると思うんです。

 

調べてみるとWikipediaに記載がありました

3,4番線ホームと改札内コンコースを結ぶ業務用エレベーターがあり、駅係員立会いの下利用が可能である。 

 なるほど。

さらに調べると地上側には申し出れば使えると貼り紙の画像もありました。

石勝線新夕張駅 謎の貨物専用エレベーター

無 事 解 決

薄暗くてブレましたが、特急スーパーとかちに乗車します。

キハ261系1000番台

https://contents.trafficnews.jp/image/000/001/860/150910_kiha261_01.jpg

前面部の黄色いデザインは、視認性も向上させた前面警戒色。

沿線には野生動物が多く生息しているので、こういったデザインになるんでしょうね。

 

自由席は1両だけなので座れなかったら嫌だなと思っていましたが

それなりに混んでいたものの、新夕張で降りた人も多く無事座れました。

 

新得までは1時間ちょっと。

特急料金を支払っていないのに長時間乗って、なんだか申し訳ない。

 

途中のトマム駅は近くに星野リゾートがあり、多数の観光客が下車。

送迎のバスも2台、横付けされていました。

んで、新得に到着。あのままスーパーとかちで帯広へ向かえば1時間早く着きますが

この先の旅程で、どうしても特急に乗らないといけない区間があるので

ここでは普通列車に乗り換えます。

 

ロゴデザインがカッコいい

1日目、最後の列車で帯広で向かいます。

降りたスーパーとかちがなかなか発車しないなと思ってたら

対向の釧路から来るスーパーあおぞらが遅れているようで数十分遅れで出発。

自分の乗る普通列車に遅れは出ず一安心。帰宅する高校生を多く乗せて新得を出発。

 

新得から帯広までの区間は、陽が落ちて真っ暗なのと翌日乗りますので飛ばします。

西帯広を出るとアナウンスで「この先、停車しますが乗降は出来ません」

どういうことなのか調べると、西帯広から柏林台の間にある

帯広貨物駅乗務員交代の為に停車するとのこと。

 

高校生軍団の乗る列車(ただし自分も高校生)は帯広駅に到着

夜も遅いのでホテルへ直行します。

 

では、1日目をGPSログで振り返ります。

f:id:tetudoshonen:20160403173606p:plain

f:id:tetudoshonen:20171020152303p:plain

愛知県名古屋市金山駅から北海道帯広市の帯広駅までの移動でした。

GPSログ上の移動距離は1364kmでした。

ニュースを見てるとこんな話題が。

一時期、よく大阪に行っていたんですが

最近は年1回くらいしか行っていなくて

その間に大阪環状線は、かなり進化していますね。

 

次回、2日目は旭川まで行きますが、少し道草します。

【17-10:北海道-3】廃止が迫る夕張支線に乗る

どうもです。急に寒くなりました。

暫く更新が滞ったのは、手がかじかんで字が打てなかったからです。ホント

 

前回まではオマケとして札幌市中心部をウロウロしていました。

今回からメインに入ります。

札幌駅ではコレを購入しました。

f:id:tetudoshonen:20171008190134j:plain

JR北海道が主要な駅で発売している

わがまちご当地入場券です!

2017年7月に販売を開始して、

9月時点で12万枚を突破売上は2000万円越え

経営難を頻繁に報道されているJR北海道

支援の為にも、僅かではありますが今回、ご当地入場券を積極的に購入していきたいと思います。

 

券面の右端に応募券がついているのですが、

これを10枚集めてハガキで送ると特製のカードがもらえるようです。

 

ちなみに、ご当地入場券は近鉄でも販売されていて第三弾まで展開しています。

こちらは流石、商売上手な関西「近鉄」って印象ですか( ;∀;)

近畿日本鉄道|ご当地入場券

札幌駅から乗車するのは快速エアポート

名前通り、新千歳空港へのアクセス列車ですが

もちろん空港までは行かず途中の千歳で降ります。

以前、快速エアポートに乗車したときの車両は721系という車両で

車内はクロスシートになっていましたが、

新型車両が導入されて、混雑緩和からロングシートに変更されました。

向かいに座っていた外国人にはカナリ窮屈そう・・・

千歳に到着。前回、北海道を訪れた際に降りているので懐かしい。

遠く離れた地でも懐かしく思うと、彼方此方いっているんだなと実感されられます。

その時は全7日の日程で、千歳で降りたのは最終日。郵便局を訪問してましたね。

今思うと7日間という無謀な旅程だった・・・

 

ここ千歳駅でもご当地入場券を購入。

したいんですが、窓口が1つしか無くて

先客が長引いていました。20分しか無いので少しヒヤヒヤ。

乗車券の通し方、自動改札機は使えるのか、青い森鉄道とは何か。と質問攻め…

10分以上待っても終わらず、ヒヤヒヤが増していたら隣から別の駅員さんが出てきて

無事に購入できました。

f:id:tetudoshonen:20171008190135j:plain

さぁ、千歳から乗るのは石勝線の普通列車、夕張行です。車両は日高色。

横サボがいい雰囲気を出していますね。

HIDAKA LINEと書かれていますが、この車両は本来、日高本線を走行する車両。

ですが、日高本線鵡川から様似の間は

高波や豪雨、台風の影響により2015年から今に至るまで運転を見合わせていて

JR北海道は復旧を断念しています。

そのため、日高本線で使用する日高色の車両を他の線区でも使用している

ということです。

 

さて、列車は千歳駅を出発して暫くは千歳線を走行します。

次の南千歳駅では、千歳空港から苫小牧、室蘭、函館方面へ乗り換える人が多く

何人かが、この列車に誤って乗車してきました。全員気が付いて降りていきましたが

 

間違って乗ると一大事になります

方向が正反対なのはともかく

南千歳から新夕張までの普通列車は下り4本、上り6本とごく僅か。

もし「間違えた!」ってなって焦って次の駅で降りたら次の列車まで数時間待つ

あるいは、もう列車が無いってことになります。

 

なぜか分かりませんが、中国人と思われる観光客集団が凄い写真を撮っていました。

そんな物珍しいかな。

千歳から20分程で追分に到着。乗っていた人の半数以上が降車して乗客は数人に。

追分駅は岩見沢から室蘭方面へ伸びる室蘭本線との乗換駅です。

この駅で暫く停車するのは知っていたのですが、肉声放送を聞いてビックリ!

 

なんと28分も停車するんです!

流石に長い・・・ 自己史上、堂々の1位タブン

 

こういう馬鹿長い停車時間のことを俗に「バカ停」と呼ばれていて

2016年現在ですが、こんなランキングを見つけました。

最長95分!「途中駅長時間停車」ランキング | 旅・趣味 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準より

上には上がいた・・・

1時間半も停車してたら途中下車して郵便局にでも。って出来ますが

28分だと少しキツイ。列車を逃すと日程も大幅に狂うのでおとなしく車内で待ちます。

 

長い停車時間の間に上下の特急列車に行き違い追い抜きをされ

普通列車の肩身の狭さを身に感じる28分間でした。

さて、この石勝線は以下のような路線になっています。

http://www.ekinavi-net.jp/railway/jr-sekisho/jr-sekisho.png

このうち、南千歳から夕張までが先に夕張線として開業

のちに帯広・釧路方面へのバイパス線として新夕張から新得までが開業しました。

いまでは新夕張から夕張の区間は石勝線の支線になっていますが

かつて、炭鉱で栄えた夕張への一大アクセス路線だったわけです。

 

そんな路線も、JR北海道の財政難や

地元夕張市の破綻といえる財政再建団体への移行から廃止への動きが加速していて

既に夕張市は廃止を受け入れ、数年以内には廃止されるものと思われます。

新夕張までは数人の乗車でしたが、新夕張から大勢のってきて10人ちょいに。

増えたといってもこの人数では厳しいのに変わりありません。

夕張支線内の駅は全5駅。どの駅もとても魅力的で降りてみたいんですが

本数の少なさから厳しい。来年には車の免許が取れるので

是非ともレンタカーを借りて再度、訪れたいところです。

それまでに廃止にならないように願うばかりです。

千歳から約2時間で夕張に到着。

ここまで曇っていたんですが、夕張に着いて降りると雨。

でも、そのおかげで虹が出ていました!

 

夕張の駅舎は観光案内所と合体していますね。

後ろに見える建物は・・・

巨大なホテルです。このホテルでは夕張駅のご当地入場券を扱っています。

列車の折返し時間は8分

心配していましたが、急ぎ足で無事購入

フロントの方も列車の時間になると構えて待っているようでした。

f:id:tetudoshonen:20171008190136j:plain

この日はド平日かつ18きっぷシーズン外だったので

自分ひとりしか購入する人がいませんでしたが、それでもギリギリ。

これがシーズン中だったら争奪戦になるかもしれないです。

 

折返しの千歳行に乗車して新夕張まで戻ります。

次回、特急列車に特急券ナシで乗車します。不正乗車ではありません。

 

では、

【17-10:北海道-2】水曜どうでしょう聖地HTB本社に行ってきた

 どうもです。

前回は1500円で名古屋から札幌まで来ました。この続きです。

地下鉄南北線に乗車します。

 

全国10ある地下鉄のなかで一番雰囲気が好きです。

接近するとどこからか聞こえてくる「チュンチュン音」や車内放送

駅構内の少しレトロな感じ。なんかいいんです。

 

 

そして国内で走る車両のなかで2位の加速度

体が持ってかれる感じがあり飛行機みたいなんです。

 

ロゴマーク東京メトロを除く他の公営路線に比べ

なんだかデザイン性のあるロゴになっていますね。

http://www.ibm.com/software/info/image/jp_ja_case_logo_sapporo-st.jpg

 

個人的には路面電車になりますが、熊本市電といい勝負なのでは?

http://www.asahicom.jp/travel/aviation/images/SEB201101110029.jpg

 

ちなみに札幌市営地下鉄に関しては

前回、札幌へ行った1年半前に書いていますので合わせてどうぞ。

 

 

さて、南北線に乗車して南平岸駅までやってきました。

分かる人にはわかる・・・

そうです!あのHTB本社があるんです。

 

HTBって何?て思われる方も多いと思いますが、ここは聖地なんです。

 

水曜どうでしょう という番組はご存知でしょうか。

知らない方に一から説明するのはメンドウなので調べて見て下さい。

個人的には第一回放送の粗大ゴミを集める奴

30時間テレビクリスマスパーティーが好きです。

 

www.dailymotion.com

(リンク切れしていたら申し訳ないです)

あとの予定があったので急ぎ足での見学になってしまいましたが

ちゃんとオリジナルのサイコロキャラメルをゲット!

http://www.htb.co.jp/goods/goods/photo/20170525/20170525042011-11e081bf2746b87ef335fa73712eea505f434301.jpg

そして、HTB本社のすぐ近くには・・・

こちらも水曜どうでしょうの聖地「平岸高台公園」があります。

前枠・後枠と呼ばれるコーナーで使われていた場所なんです。

 

そんな水曜どうでしょうは2002年にレギュラー放送が終了して

現在は不定期的な放送になっていて2013年以降、新規放送がありませんでした。

が、来年2018年中に新作の放送が決定になりました。期待したいところです。

 

なお、HTB本社も2018年中に新社屋への移転が決まっています。

水どうの聖地HTB本社が移転、道内テレビ局は全て中央区集結へ

 

ところで、空港からのバスで

「なんで曇り空なのに、みんな傘をさしているんだろう」と思っていたのですが

外を歩いてよくわかりました。

通り雨が多く晴れていても急に雨が降ってくるので

傘をずっとさしていたほうが楽

f:id:tetudoshonen:20171009202048j:plain

その後は大通まで戻って札幌市電に乗車。

ぐるっと1周乗車しました。

市電に関しても過去に記事にしていますので合わせてどうぞ。

 

1日目の午前中は、こんな感じで札幌市内をウロウロしていましたが、

ここまではオマケ

ここからが今回の旅行「本題」になります。

 

次回、石勝線で夕張へ行きます。