読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016ほくてつ電車まつりに行ってきた話

ども、こんばんは、鉄道少年です!

 

北陸鉄道(通称:北鉄)

皆さんはご存知でしょうか。

北陸新幹線開業で知名度が多少なり上がっているかもしれませんが

石川県金沢市を中心に能登や加賀と県内の大半を営業エリアとしている会社です。

北陸鉄道と言っても鉄道線は2路線だけでバスが主力になっています。

自分が金沢に住んでいたころは通学にも使っていましたし

バスを好きになる一つの要因になったものです。

さて、なぜ突然、北鉄のハナシになったかと言いますと

毎年恒例の「ほくてつ電車まつり」というイベントが開催されています。

鉄道の日を記念したもので「きんてつ鉄道まつり」のようなイベントですが

規模がかなり違いますね。

 

行きたいとは数年前から思っていたのですが、やっと行くタイミングができ、

行ってきましたので簡単に記事にしますね。

 

イベントが開催されるのは金沢の中心部から少しそれた野町駅から出る

北陸鉄道石川線の終着駅「鶴来駅」に隣接する車庫です。

 

まあ、見てわかる通りイベントの規模は小さめでこじんまりとしています。

主な内容として

・ミニ機関車乗車体験

・運転席体験

鉄道模型展示

・レール締結体験

・モーターカー展示

・列車と綱引き

 

といった感じですね。

 

ただ、このイベントの最大の目玉は

物品の販売

先ほども言った通り北陸鉄道は鉄道事業よりバスのほうが主力になっているので

出てくる部品類もバスのほうが断然多く

電車まつりと言っておきながらバスの方が強くなってる部分でもあります。

 

なんならバスのイベントもやったらいいと思うんですけどね。

城下町周遊バスとか兼六園シャトルとか新型エルガもエアロスターを展示してねぇ。

んなわけで自分も部品を購入することを目的にしてました。

10時の開場からしばらく経ってからだったので数は少なめでしたが

(購入時はもう少し多くありました)

 

自分が購入したのは計3点

1番大きいのは方向幕

平和町線の横幕下部になります。

 

通学に使っていた路線なので即購入決定!って感じでした。

 

後はバスロケの板

↑コレの板です

 

そしてバスの正面につけるマスクはICa誕生10周年のもの。

 

全体的にまったりとしたイベントで今まで参加したもので一番好感度よかったです。

名古屋市交通局はグダグダで整理券配布したのに

整理券の番号順じゃなくなる感じですし

三重交通近鉄と基本、合同なので人が多くて見づらいですし。

 

停留所の丸板は少し高めでしたが、

全体的にお財布にも優しかったのも好感Upですね。

 

ちなみに北鉄のイベントは10月にここ鶴来で、5月頃には浅野川線内灘駅でも

例年開催されています。内灘も行きたいなと思ってしまう自分でした。

 

ちなみにこの物品販売にいた北鉄の社員さんもマニアぽい方で

次回はアレも出しますね~みたいな感じで面白かったです。

 

ということで、ほくてつ電車まつりのレポでした。

 

あ、金沢はあと少しだけ続きます~

 

では、